毎月更新!VPN45社を本気で比較してみた!今使うべき最強のVPNは…を読む

この記事には広告を含む場合があります。記事内で紹介する商品を購入することで、当サイトに売り上げの一部が還元されることがあります。

【2024最新】おすすめVPN45社をガチ比較!個人向けの最強アプリを379人の意見を交えて紹介!

Express VPN

通信速度に定評あり。日本人ユーザーも多く、サポートも優しい。生活全般で使いたい人・初心者はExpressVPNがおすすめ。
公式:https://www.expressvpn.com/

料金:907円/月〜

3ヶ月無料体験あり

Nord VPN

動画配信サービスに多く対応。動画サイトを見る人・ゲームをする人はこれ。複数年契約なら料金のコスパも一番良い。

公式:https://nordvpn.com/

料金:375円/月〜

30日間無料体験あり

かべネコVPN

公式:https://kabeneko.net/

価格・通信の品質のバランスに優れた日本企業が提供するVPN。中国へ行く人は絶対これ。いま愛用したいランキングではNo.1のVPN。

338円/月〜

30日間の返金保証あり

VPNは人によっていろんな使いかたをしています。

通信のセキュリティを守るため、海外から日本の通信にアクセスするため、日本から外国の通信を利用するため、中国のネット規制を突破するためなど、本当に多種多様な用途があります。

そこで、この記事では、実際に海外でVPNを使ってきた僕が選ぶおすすめのVPNと、利用目的別のおすすめVPNの比較を紹介します。

個人でも安心して使える最強のVPNを求めて、45社のVPNアプリを本気で調査したので、ぜひこのランキングを参考にしてくださいね。

ゆうき
ゆうき

VPNを活用しよう!

ExpressVPNのロゴ画像NordVPNのロゴ画像かべネコVPNのロゴ画像セカイVPNのロゴ画像スイカVPNのロゴ画像ミレンVPNのロゴ画像良之助VPNのロゴ画像AtlasVPNロゴSurfsharkVPNのロゴ画像CyberGhostVPNのロゴ画像
名称ExpressVPNNordVPNかべネコVPNセカイVPNスイカVPNミレンVPN良之助VPNAtlasVPNSurfsharkVPNCyberGhostVPN
おすすめ順位1位
2位
3位
4位
5位
6位
7位
8位
9位
10位
総合評価9.9点9.8点9.8点9.6点9.5点9.3点9.2点9.2点9.2点9.1点
使いやすさ最高最高最高良い最高良い良い良い良い良い
ユーザー数多い多い多い多い普通普通多い普通普通普通
通信速度高速高速高速やや遅い速い速い速い速い高速高速
動画配信対応多い豊富少ない少ない豊富多い多い多い多い多い
中国対応不安定非対応強い強い強い不安定強い可能不安定非対応
同時接続数5台3台4台3台47台10台2台無制限無制限7台
スマホ/PC/タブレット全て対応全て対応全て対応全て対応全て対応全て対応全て対応全て対応全て対応全て対応
iOS/Android全て対応全て対応全て対応全て対応全て対応全て対応全て対応全て対応全て対応全て対応
セキュリティ安心安心安心安心安心安心安心安心安心安心
サポートの雰囲気丁寧普通丁寧丁寧普通普通普通丁寧普通普通
日本語サポートチャットのみチャットのみ全て全て全て全て全て非対応非対応非対応
料金907円〜374円〜480円〜1,100円788円〜968円〜850円〜241円〜338円〜320円〜
無料体験3ヶ月30日間返金保証14日間2ヶ月1ヶ月30日間返金保証1週間3ヶ月30日間返金保証4ヶ月
公式サイト公式サイト公式サイト公式サイト公式サイト公式サイト公式サイト公式サイト公式サイト公式サイト公式サイト
おすすめVPNサービスの各社比較

おすすめ第1位

無料で3ヶ月間体験できます

タップできる目次

目次へ

利用目的別におすすめVPNを比較

目的おすすめVPN月額公式サイト
コスパが良いかべネコVPN480円〜https://kabeneko.net/
通信速度が速いNordVPN374円〜https://nordvpn.com/
動画サービス対応NordVPN374円〜https://nordvpn.com/
アプリの使いやすさExpressVPN907円〜https://go.expressvpn.com/
ゲームへの快適度ExpressVPN907円〜https://go.expressvpn.com/
運営元が信頼できるセカイVPN1,100円https://www.interlink.or.jp/service/sekaivpn/
同時接続可能数スイカVPN788円〜https://www.suika-v4.com/
中国で使いたいかべネコVPN480円〜https://kabeneko.net/
利用目的別におすすめVPNを比較

海外で使えるおすすめVPN

VPNとは

VPN(Virtual Private Network)とは、プライベートなインターネット通信を作り出せるサービスです。プライベートな通信なので外部から攻撃されるリスクも少なく、インターネット規制の影響も受けづらいのが特徴です。

例えば家からある目的地へ行く際に、公共の道路(インターネット)を歩くのではなく、自分だけの秘密のトンネル(VPN)を通って目的地に行くようなものです。

ゆうき
ゆうき

VPNは会社もよく使ってるよ

VPNの仕組み

つばめ
つばめ

自分だけのトンネルってどうやって作るの?

続いて、VPNの仕組みを簡単に紹介します。VPNには、次の3つの要素があります。

トンネリング

自分だけの秘密のトンネルを作る作業です。これにより、あなたのデータはインターネット上の他のデータから分離され、他の人が見ることはできません。

カプセル化

あなたのデータを特別なカプセルに包む作業です。それによりあなたのデータはさらに保護され、通信を盗聴されても、その中身はわからないようになります。

暗号化

カプセル化したデータを更に難読化する作業です。もし誰かがあなたのデータを手に入れても、この暗号化によりその中身を解読することは非常に難しくなります。

VPNは、いつものインターネット通信を以上の3つのステップで保護することにより、安全な通信を作ってくれています。

つまりVPNを利用した通信は秘密のトンネルを通って目的地へと安全に送られ、途中で誰かに見られることはありません。

メモ

ここで紹介したのは、個人向けVPNとして使われる「インターネットVPN」の仕組みです。実はVPNには4つの種類があるので、より詳しい内容は「VPNの種類」の項目を読んでみてくださいね。

VPNはどんな人に必要?

VPNを使うことがおすすめされるのは、以下のような人です。

  • 公共のWiFiを使う人
  • 通信の地域制限を解除したい人
  • リモートワークをする人
  • センシティブな情報を取り扱う人

VPNを利用すると通信の安全性が保たれるので、セキュリティを重視したい場合、VPNを使うのがおすすめです。

例えば上記のように、セキュリティの弱い公共のWiFiを使ったり、会社の仕事を自宅などで行う場合にもVPNで通信を保護する必要があります。

最近だと、リモートワークのマニュアルに「VPN接続」が必須項目として掲載されている企業も多いですよね。これも企業の情報が外部に漏れないようにするための仕組みなんです。

また、中国のようにインターネットのアクセス制限がある国や地域では、VPNを利用することでアクセス制限を突破できます。

VPNの選び方

VPNにはたくさんの種類があります。続いては、そんなVPNの中から自分に合ったVPNを選ぶためのポイントを紹介します。

つばめ
つばめ

VPNって本当に種類が多くてわかんなくなっちゃう…

ゆうき
ゆうき

細かくこだわらなければ3択には絞れるよ!

個人向け・法人向けで選ぶ

まずは、今回のVPN探しは自分個人で使うものなのか、企業として使うものなのかを区別しましょう。

VPNには、個人向けプランと法人向けプランがあります。

個人向けプランでは同時接続台数に限りがあるため、大人数で使う企業には適さないことがあります。一方、企業プランは料金が高く、小規模な個人には適しません。

この記事では、個人向けのVPNについて紹介しています。法人向けのVPNをお探しの方は、それぞれの公式サイトからお問合せを送ってみてくださいね。

ゆうき
ゆうき

この記事では、個人の経験から紹介します!

通信速度で選ぶ

VPNを選ぶときに注意してほしいことが、通信速度です。

VPNを利用すると、通信速度が落ちます。VPNの仕組みで紹介したように、VPNはインターネット通信に3つの保護を施しているため、どうしても元々の通信よりも速度が下がってしまいます。

正直、どのVPNを使っても、元の速度を超えることはありません。

ゆうき
ゆうき

通信速度の低下はしょうがない…

YouTubeも1080p(最高画質)では固まっちゃうので、視聴するときはいつも画質を落として見るようにしていました。あるいは、夜寝てる間に見たい映画をダウンロードしちゃってる人もいましたね。

とはいえ、テキストメッセージのやり取りでは困ることはありません。LIINEで画像を送るのも大丈夫でした。

さらにVPNの会社側も、ユーザーの需要をわかってくれているので、通信速度を重視したサービスを提供してくれています。

逆に安いだけのVPNは速度が遅すぎて使い物にならないことがあるので、通信速度のレビューは必ず重視するようにしましょう。

料金の安さで選ぶ

VPNには有料と無料がありますが、基本的にはみなさん有料のVPNを使います。その理由は「有料VPNと無料VPNの違い」の項目を読んでみてくださいね。

有料VPNの料金相場は、月々1,000円くらいです。

どのVPNも1ヶ月単位で払うよりも、複数ヶ月、年単位で払う方が安くなることが多いです。さらに、最初は無料体験で1ヶ月くらい使えることがあります。

なのでまずは無料体験でいくつか試してみて、本当に良いと思ったものにお金を払うのがおすすめです。

アプリの使いやすさで選ぶ

VPNはアプリの使いやすいものを選ぶのがおすすめです。

VPNは基本的に、アプリを使ってON・OFFを切り替えます。つまりVPNを使うたびにアプリを使うことになります。

そのアプリが使いにくかったら、いつも面倒な思いをすることになってしまいます。

アプリの使いやすさには個人差があるので、無料体験期間を利用していくつかのアプリを試してみるのがおすすめですよ。

ゆうき
ゆうき

実際に使ってみよう!

たとえばExpressVPNはこのようにボタンが大きく表示され、このボタンをワンタップするだけでON・OFF切り替えができるのでとっても使いやすいです。

ExpressVPNの操作画面

利用する国のサーバー数で選ぶ

ちょっとマニアックなVPNの使い方をしたい人は、利用する国サーバーにも着目しましょう。

たとえば、Netflix(ネットフリックス)では、海外からのみジブリ作品を視聴することができます。そのような場合は、ジブリが放送されている国のインターネット通信に接続することで、日本にいながら海外専用の配信を見ることができます。

ジブリが配信されている国
  • カナダ
  • イギリス
  • フランス
  • トルコ
  • ドイツ
  • スペイン

このほかにも、インターネット接続する国を変えることで、日本の通信を使うよりも便利になるケースが多くあります。

ジオブロック(地域制限)に着目する

VPNを使うと、ジオブロック(地域制限)を突破することもできます。

たとえば中国では、Google関連のサービスが使えません。そこでVPNを使うことによって中国国外の通信に接続すれば、中国が設定しているアクセス制限の影響を受けなくなります。

これは中国のみに限らず、日本やその他の国でもアクセス制限が設けられているサービスがあるため、それらのサービスを利用したい場合はVPNを使うのがおすすめです。

超簡単!日本からNetflix(ネトフリ)でジブリ作品を観る方法は?無料あり 超簡単!日本からNetflix(ネトフリ)でジブリ作品を観る方法は?無料あり

ユーザー数・評価で選ぶ

VPNは、評価が高くてユーザーが多いものを選ぶのもコツです。

株式会社街中文学が行った調査をもとに、人気のVPNを見てみましょう。

株式会社街中文学によるVPN利用者アンケートの結果
株式会社街中文学によるVPN利用者アンケートの結果

無料体験中はお金は一切かかりません

安全なVPN選びの注意点

つばめ
つばめ

逆に、選んじゃいけないVPNってあるの?

安全性が保証できないVPNは、どんなにお得でも選んじゃダメ!

VPNを選ぶときに何よりも重視してほしいのは、そのVPNを信頼できるかどうかです。

VPNとは、プライベートな通信です。例えるなら、自分だけの秘密のトンネルでしたよね。

でも、もしそのトンネルに隠しカメラが設置されていたら…

そのトンネルを通るものは全て、運営者に筒抜けとなります。メッセージ内容も、パスワードも、クレジットカードの情報も。

全てです。

ゆうき
ゆうき

VPNは信頼性が命です。

なのでここで、安全なVPN選びのポイントを3つ確認しておきましょう。

ノーログポリシーのあるVPNを選ぶ

VPNを選ぶときは、ノーログポリシーを掲げているVPNを選びましょう。

「ノーログポリシー」(No-Log Policy)とは、VPN運営者がユーザーの活動に関する記録(ログ)を一切保持しないという方針のことです。これには、ユーザーがどのウェブサイトにアクセスしたか、どのサービスを利用したか、どのくらいのデータを転送したかなどの情報が含まれます。

「ログ」は記録のことを指します。例えば、図書館に行ったときに本を借りると、どの本をいつ借りたかが図書館のコンピューターに記録されますよね。それが「ログ」です。

「ノーログポリシー」は、「ログ」つまり記録を一切取らないという方針を指します。図書館の例で言えば、あなたがどの本を借りたかを一切記録しない、ということです。だから、後から誰かが「この人は何を読んだのか?」と知りたくても、図書館は「わかりません」と答えるしかありません。なぜなら、最初からその情報を記録していないからです。

ゆうき
ゆうき

プライバシーが守られるんだね!

VPNサービスにおける「ノーログポリシー」も同じです。あなたがインターネットで何を見たか、どんな情報を送ったかを一切記録しないのです。だから、後から誰かが「この人はインターネットで何をしたのか?」と尋ねても、VPNサービスは「わかりません」と答えるしかありません。

これによって、プライバシーを守ることができます。

信頼できる運営企業を選ぶ

VPNを選ぶときに1番と言っても過言ではないポイントが、企業の信頼性です。

先ほどノーログポリシーを掲げているVPNを選びましょうと言いましたが、実は、全てのVPNサービスが本当に「ノーログポリシー」を実施しているわけではありません。

表向きはノーログポリシーと言っていても、実はログをとっているという悪い企業がいるのも事実です。

なので、そのVPNを運営する会社の信頼性・ユーザーからの評判・運営実績を見て信頼できるかどうかを判断する必要があるんです。

ゆうき
ゆうき

ちょっとグレーな世界なんだよね

見分けるポイントとしては、日本人ユーザーの多さや会社の運営歴などを見て判断することが多いです。

中でもセカイVPNは老舗の日系企業なので、安心感は抜群ですね。

ユーザー数の多いVPNを選ぶ

ユーザー数の多いVPNを選ぶことも、大切な注意点の一つです。

なぜなら、情報が充実しているからです。ユーザーの多いVPNだったら、少し問題が生じただけで多くの人が騒ぎ出すので、問題の現状と運営の対応を把握しやすいです。

そして海外在住者はVPNの話題をよく共有するため、みんなが使っている時点でかなりの比較検討を経て選ばれていることがわかります。

ゆうき
ゆうき

ユーザー数の多さは人気の証!

できるだけ有料VPNを利用する

最後に、安全なVPNを見分けるシンプルなコツとして、できるだけ有料VPNを利用することです。

なぜなら、有料VPNと無料VPNを比較すると、有料VPNの方が圧倒的に地雷を踏みづらいからです。

VPNの運営は、手間のかかるものです。サーバーの維持に、各国の最新の通信状況への対応など、運営にはコストがかかります。

そのようなVPNサービスを無料で提供しているのには、何か裏があるのではないかと疑ってしまいます。

実際に、無料VPNを提供する会社がこっそり顧客情報を収集し、その情報を販売していたという事件もあります。

そのため、どんなに優良なサービスであっても、無料VPNには一定の危険性があるということを忘れてはいけません。

VPN導入のメリットとデメリット

ここまでVPNについてたくさん紹介してきましたが、ここでVPNを利用することによるメリットとデメリットをまとめてみましょう。

メリット1.インターネット接続の安全を守ることができる

VPNを使うメリットは、なんと言っても、インターネット接続の安全性が守られることです。

VPNを使うことによって外部に情報が漏れるのを防ぐことができるため、会社の仕事を外で行う場合は、VPNの利用が推奨されています。

また、ハッキングの危険性が高い公共のフリーWiFiを利用する場合も、VPNを利用することでハッキングを受けることを防ぐことができます。

特に海外でフリーWiFiを使うしかない場合は、必ずVPNを準備しておくようにしましょう。

メリット2.国外の通信を利用できる

VPNを使う2つ目のメリットは、自分がいる場所に関わらず、好きな地域の通信を利用することができます。

普通、日本でWiFIに接続すると日本で展開されているインターネット通信につながります。しかしVPN接続の際は、好きな地域の通信を選べるんです。

たとえば、中国にいながら日本のインターネットを利用したり、アメリカにいながらオーストラリアの通信を使うなんてこともできちゃいます。

これによって、その地域で設定されているインターネット規制の影響を受けなかったり、一部地域限定で配信されているコンテンツにアクセスしたりできます。

デメリット1.費用がかかる

VPNの1つ目のデメリットは、費用がかかることです。

VPNには有料と無料のものがありますが、「安全なVPN選びの注意点」の項目で紹介したように、基本的には有料VPNを使うものだと考えておいた方がいいです。

VPNの費用相場は、月額1,000円ほど

毎月1回のランチ代で毎日の通信がより安全なものになると思えば、必要な通信費用だと割り切ることができるのではないでしょうか。

ゆうき
ゆうき

VPNの月額はもはやスマホ代の一部かな

つばめ
つばめ

リスクを考えると安いものよ

デメリット2.通信速度が落ちる

VPNの2つ目のデメリットは、通信速度が落ちることです。

VPNはその場のインターネットに処理を施して通信環境を作り出しているため、何もしないよりはどうしても通信速度が落ちてしまいます。

とはいえ、VPNが必要な状況では多少の速度は犠牲にしてもVPNを使うメリットが大きいです。

しかし、通信の安全性が保証されている状態でVPNを使うのは非常にコスパが悪いです。

たとえば、日本にいて日本のスマホキャリアの通信を使っているのに、そこにVPNをつけるなどです。インターネットの安全性が高い日本で、大手キャリアの通信はかなり安全性が高いです。

そこにVPNをつけるのは、厳重に梱包した荷物の周りを、さらに厳重な箱で包み込むようなものです。あれば確かに安全だけど、そんなに保護したらむしろ重くなって動かしづらいですよね。

リモートワークを除いて、日本で普通にスマホを契約して普通の日常生活を送るだけならVPNなんて必要ありません。

デメリット3.悪質なサービスを利用するとハッキングを受ける

VPNの3つ目のデメリットは、VPNを使うことで逆に情報を抜き取られる可能性があることです。

先ほども説明したように、VPNはプライベートな通信を扱うものです。悪意のあるVPNを使ってしまうと、個人情報が抜き取られてしまう可能性があるため、VPN選びには注意しましょう。

有料VPNと無料VPNの違い

VPNには、有料のものと無料のものがあります。では、有料VPNと無料VPNにはどのような違いがあるのでしょうか。

これらのサービスの違いを見ていきましょう。

無料VPNの特徴

良いところ

  • 無料で使える
  • アプリをDL後すぐ使える
  • 操作が簡単なものが多い

気になるところ

  • 安全性が保証できない
  • 通信速度は遅め
  • 繋がりにくい

無料VPNの良さは、お金がかからないことです。

無料VPNはアプリをダウンロードしてすぐに使うことができるため、お手軽さとしてはかなり嬉しいですね。アプリもシンプルなものが多く、使いやすい印象があります。

しかし一方で、通信の安全性という面ではかなりの危険性があります。たった数日インターネットを使うために個人情報を全て差し出してしまった…なんていうことになっても、文句は言えません。

無料VPNの全てが悪いとは言わないですが、どれが良いのかを正確に判断できる専門家以外は、無料VPNには手を出さないのがおすすめです。

有料VPNの特徴

良いところ

  • 安全性が高い
  • 通信の品質が良い
  • 各国の最新の規制にも対応してくれる

気になるところ

  • お金がかかる(月1,000円ほど)
  • 申し込みの手続きが必要
  • 利用後に解約手続きが必要

有料VPNのメリットは、安全性が高く、通信速度もそこそこ満足できるインターネットを使うことができる点です。

さらに各サービスは常日頃からアプリのアップデートをしているので、各国で生まれた最新のインターネット規制にも素早く対応してくれるのが嬉しいポイントです。

しかしその一方、アプリをダウンロードした後に申し込みの手続きをしなければいけなかったり、VPNを使わなくなった後には解約をしておかないと料金が発生し続けてしまうというデメリットがあります。

とはいえ、VPNでかかる費用は月々1,000円ほど。僕たちが普段払っている国民年金保険の16分の1程度の料金なので、インターネット保険だと思えば、その辺の保険に比べるとコスパは非常に高いです。

VPNやインターネットの仕組みにそんなに詳しくないという方は、とりあえず有料のVPNを使いましょう。

有料VPNの料金相場は?

VPN(Virtual Private Network)の料金は、提供されるサービスの種類や品質、契約期間によって異なります。

一般的に、基本的なプランは月額料金が低く設定されていますが、より高度なセキュリティ機能や多様なサーバーへのアクセスなどの追加機能を求める場合は料金が高くなる傾向にあります。

また、長期契約を選択すると、月額料金が割引されることが多く、コストパフォーマンスを高めることができます。無料のVPNサービスも存在しますが、セキュリティやプライバシーの面でリスクが高い場合があるため、慎重に選びましょう。

VPNの相場は月1000円程度

一般的に、VPNサービスの月額料金は約1000円程度で、これは基本的なセキュリティとプライバシー機能を提供する標準プランの相場です。

この料金には、データ暗号化や安全なインターネット接続の保証など、オンラインでのプライバシー保護とセキュリティ向上の基本的な機能が含まれています。サービス提供者によって料金や提供される機能には幅がありますが、通常、より多機能で高度なセキュリティが必要な場合は、料金が高くなる傾向にあります。

また、料金プランは月額や年間契約、さらには複数年の契約期間で異なり、長期契約を選ぶことで割引が適用されることもあります。継続して使用する場合は、長期契約の方がコストパフォーマンスが優れています。

ユーザーは自身のニーズに合わせて、セキュリティレベル、サーバーの位置、接続速度、利用可能なデバイスの数など、様々な要素を考慮して適切なVPNサービスを選ぶことが大切です。無料のVPNサービスも存在しますが、限られた機能やセキュリティリスクが伴うため、慎重に使用しましょう。

長期契約すると料金が安くなる

多くのVPNサービスでは、長期契約を選択すると月額料金が割引されることが一般的です。このような割引は特に年単位での契約時に顕著で、ユーザーは長期的な視点で総コストを低減できます。

長期契約の主な利点は、長期間にわたって安定したサービスをより低いコストで利用できることです。長期契約を選択する際には、サービスの品質や提供される機能、セキュリティレベル、サポート体制など、さまざまな要素をふまえて検討することが大切です。

また、将来的にニーズが変化する可能性もあります。VPNサービスを選ぶ際には、割引率だけでなく、サービス全体の価値を総合的に評価しましょう。

ほとんどの有料VPNには長めの無料体験期間がある

多くの有料VPNサービスでは、利用者がサービスの品質や機能を試すことができる無料体験期間を提供しています。

この期間中、ユーザーはVPNのセキュリティ機能、接続速度、サーバーの範囲などを実際に体験し、サービスの利便性を評価することが可能です。このような無料体験は、利用者にとって非常に価値があり、サービスが自分のニーズに合っているかどうかを判断することができます。

また、無料体験期間を通じて、利用者はサービスの総合的な品質を体感できます。無料体験期間は、特にVPNを初めて利用する人にとって有益で、サービスの質を実際に体験する貴重な機会になります。この期間を最大限に活用して、自分に最適なVPNサービスを見つけましょう。

無料VPNを使うと、かえって金銭リスクが大きくなる

無料VPNサービスの利用は、初期費用がかからないことから魅力的に思われがちですが、セキュリティやプライバシーに関しては重大なリスクが伴うことが多いです。

無料のサービスは利益を得るためにユーザーデータを収集したり、広告を多用したりすることがあります。そのため、データ漏洩やプライバシー侵害のリスクが高まり、最終的には金銭的な損失につながる可能性もあります。

さらに、無料VPNは有料VPNに比べてセキュリティ機能が限られていることが多く、データ保護が不十分になることがあります。

したがって、セキュリティとプライバシーを最優先する場合は、有料のVPNサービスの方が適しています。有料VPNは一般的に、より高度な暗号化技術と、データ保護を重視したサービスを提供し、安全性が高くなっています。

有料VPNを安く使うおすすめの方法

有料VPNを安く利用する方法にはいくつかのポイントがあります。まず多くのVPNサービスが長期契約の割引を提供しています。年間契約や複数年契約は、月額料金を大幅に削減することができます。

次に、特定の期間中に実施されるプロモーションやセールを利用するのも良い方法です。また、複数のサービスを比較検討し、必要な機能を備え、かつリーズナブルな料金のサービスを選ぶことが重要です。無料体験期間を利用してサービスを試し、自分に合うかどうかを確認するのもおすすめです。

複数の有料VPNの無料体験を順番に活用する

複数のVPNサービスが提供する無料体験期間を順番に活用すると、一定期間コストをかけずにVPNを利用できます。体験期間中に、様々なVPNサービスの品質、セキュリティの強度、接続速度、サーバーの選択肢などを実際に試すことができます。

無料体験を通して、各サービスの利点と欠点を理解し、自分のニーズに最も合ったVPNサービスを見つけることもできます。

短期間の使用の場合は無料体験のみで十分な場合もあります。長期的にVPNを使用する場合は、自分に最適なサービスに正式に登録しましょう。

無料体験期間は、多くの場合、サービスの全機能を利用することができ、実際の使用状況を正確に評価することができます。無料体験を活用し、無駄な出費を避けつつ、最適なVPNサービスを見つけましょう。

月額契約にして最低限の料金で済ませる

月額契約は長期契約に比べて初期コストを低く抑えられ、必要な期間だけサービスを利用できます。特に短期間のプロジェクトや海外旅行、一時的なセキュリティのニーズがある場合に適しています。

長期的にVPNを使用する予定がある場合は、長期契約が経済的に有利になることもあります。使用期間に合わせてサービスを選ぶことで、不必要なコストを削減しつつ、必要なセキュリティとプライバシーを保護することが可能になります。

長期割引の大きなVPNを契約して長年愛用する

長期的にVPNを使用する予定がある場合は、長期割引を提供するVPNサービスを利用することでコストを抑えることができます。

多くのVPNサービスは、年間契約や複数年契約で割引があります。このような長期契約により、ユーザーは長期的に安価で安定したサービスを受けられるようになります。

また、長期契約は継続的に使用するため、一貫したサービスを受けられ、慣れた環境で使い続けることができます。

長期契約をする際には、サービスの品質、提供される機能、セキュリティレベルなどを十分に検討しましょう。長期契約は特にビジネスやプライベートで長期間にわたってVPNを利用するユーザーに適しており、安定したサービスを低コストで利用することができます。

VPNの種類と目的

ここまでVPNについて紹介してきましたが、実はVPNと一言に言っても、その中身には4つの種類があります。

正直、普通の人はここまで知らなくても何も問題はないのですが、リモートワークの環境を作るという人はちょっと注意しておく必要があります。

それではここからはVPNの4つの種類について紹介します。

インターネットVPN

インターネットVPNは、一般的なインターネット接続を通じて仮想的なプライベートネットワークを作成します。

これは、「VPNの仕組み」で紹介したように、一般のインターネット上で安全な「トンネル」を作成し、ユーザーのデータを保護します。このトンネルは、通常のインターネット通信から分離されており、データは暗号化されているため、第三者によるデータの傍受や盗聴を防ぎます。

公共のフリーWiFiのセキュリティを守りたい人は、インターネットVPNがおすすめです。

ゆうき
ゆうき

1番普通のタイプだね

エントリーVPN(リモートアクセスVPN)

エントリーVPNは、ユーザーがインターネットを通じて企業の内部ネットワークに安全に接続できるようにするためのVPNです。リモートワーカーや出張中のビジネスマンなどが、自宅やホテルなどから会社のネットワークに安全にアクセスできるようにします。

リモートワーク(テレワーク)で外部から会社の仕事をしている人は、実はエントリーVPNを使っていることが多いです。

IP-VPN

IP-VPNは、企業が複数の拠点間で安全に通信を行うためのVPNです。インターネットではなく、専用のネットワーク(通常は通信事業者が提供する)を利用します。このため、通信品質が保証され、セキュリティも高いとされます。大規模な企業で、複数の拠点間で大量のデータをやり取りする場合などに使用されます。

支店を持つ企業が同一のデータベースにアクセスする際などは、IP-VPNを利用していることもあります。

広域イーサネット

広域イーサネットは、通常のローカルエリアネットワーク(LAN)を広範囲に拡張したものです。これにより、遠隔地のオフィスやデータセンターなどが、まるで同じビル内にあるかのようにネットワークを共有することができます。

広域イーサネットは通常、高速で大容量のデータ転送が可能で、通信事業者が提供する専用のネットワークを利用します。

個人向け・企業向けのVPNとは?

インターネットVPNエントリーVPNIP-VPN広域イーサネット
利用目的個人社員(会社の仕事をする時)企業企業
通信の品質普通普通良い良い
料金安い普通高い高い
VPNの種類と目的

結論から言うと、個人でVPNを使うならインターネットVPNがおすすめです。

インターネットVPNは最も普通のVPNで、主に以下のようなシーンで使うことができます。

  • 海外から日本の通信にアクセスする
  • 中国のネット規制を突破する
  • 日本から海外の通信にアクセスする
  • フリーWiFiのセキュリティを強める

個人でVPNを使う上では、インターネットVPNを選んでおけば大丈夫です!

また、個人向けのVPNは基本的にインターネットVPNとなっているので、こちらが特に選ぶ必要はありません。逆に企業がVPNを選ぶ際は、種類選びから導入まで担当者と詳しく話をすることが多いです。

ゆうき
ゆうき

個人利用なら通常購入でOK!

VPNの使い方

それでは、VPNはどのようにして使うのかを見ていきましょう。

VPNの利用の流れ

まずは、VPN利用の流れについて紹介します。

好きなVPNを選ぶ

まずは、好きなVPNを選びましょう。「おすすめVPN」で紹介したものを参考に、これからの相棒となるVPNを見つけてくださいね。ほとんどのVPNには無料体験期間があるので、3つくらい試してみるのがおすすめですよ。

VPNに申し込む

VPNを選んだら、それぞれ申し込みをしましょう。基本的に、申し込みをしたらすぐに利用可能になります。また、中国ではVPNのホームページ自体がアクセスブロックされていることがあるため、日本にいるうちに申し込みしておくことをおすすめします。

VPNの設定をする

VPNの申し込みができたら、初期設定です。といっても、アプリをダウンロードして、ユーザーIDとパスワードを入れるだけです。この時にもインターネット通信が必要になるので、前もって準備しておくのがおすすめです。

現地でインターネットに接続する

まずはいつも通りにインターネットに接続します。VPN自体にはインターネットに接続する能力がないので、インターネットは現地のものを利用しましょう。

VPNのアプリを開く

インターネットに接続できたら、STEP3で用意したアプリを開きましょう。

VPNをONにする

アプリの画面に表示されたボタンをタップして、VPNをONにすれば完了です。たったこれだけでVPNが勝手に動いてくれます。もう一度ボタンをタップするとVPNがOFFになります。

以上のように、VPNの利用は想像以上にかんたんです。

強いていうなら、STEP3で時間を取る人がいるかなという感じです。ただ、ユーザーIDとパスワードは、申し込み後のメールに記載してくれているので、そのメールを大切に保管しておけば大丈夫です。

PCとスマホで一緒に使える?

利用するVPNの種類によりますが、ほとんどのVPNでは複数の機器で同時接続することができます

なので、1つのVPNを契約することで、スマホもパソコンもタブレットも同時にVPNに繋げることができるんです。

ゆうき
ゆうき

僕もスマホでYouTubeを見ながらパソコンでレポートを書いていました!

VPNの利用の流れ」で紹介したSTEP3で、スマホ版のアプリとパソコン版のアプリをそれぞれダウンロードしておけば、同じ手順でそれぞれ使うことができます。

また、複数のスマホで同時に接続なんてこともできるので、友達と割り勘することもできます。ただ、同時接続するとちょっと速度が落ちるので、その辺は工夫して使いましょう。

VPNは好きな時だけONにできる

VPNユーザーあるあるなのですが、スマホが重いと思ったらVPNつけっぱなしだった!という事件。

別に困ることはないんですけど、日常の中でVPNが必要な場面、そうでない場面があります。VPNが必要ないのにつけっぱなしにしていると、無駄に通信速度を下げるだけなので、ちょっと損した気持ちになります。

ゆうき
ゆうき

これは本当にあるある

そんな時でも、VPNはワンタップでON/OFFを切り替えることができます。まるでお部屋の電気のスイッチを入れるかのようにサクサク点けたり消したりできるので、必要な時だけ使うようにしましょう。

おすすめVPNの比較と目的別ランキング

それではここからは、利用目的別で、おすすめVPNを比較していきます。

今では優れたVPNはたくさんありますが、それぞれ得意なところ・苦手なところがあるため、自分が重視したい目的で強みを発揮するVPNを選ぶのがおすすめです。

料金の安さランキング

コスパに優れたおすすめVPNベスト3

VPN名おすすめ利用期間月額公式サイト
かべネコVPN1ヶ月〜1年480円https://kabeneko.net/
Cyber​​GhostVPN1年〜2年320円https://www.cyberghostvpn.com/
NordVPN2年以上374円https://nordvpn.com/
コスパに優れたおすすめVPNベスト3
順位VPN名月額
1位快连VPN316円
2位蓝灯VPN362円
3位AvastVPN515円
4位极光VPN542円
5位良之助VPN850円
6位かべネコVPN880円
7位RapidVPN977円
8位GlocalVPN990円
9位ふぐVPN1,000円
10位スイカVPN1,045円
1ヶ月契約の場合の安いVPN10選
順位VPN名月額
1位快连VPN316円
2位蓝灯VPN362円
3位AvastVPN515円
4位极光VPN542円
5位pandaVPN542円
6位かべネコVPN580円
7位RapidVPN678円
8位operaVPN700円
9位IPVanish723円
10位良之助VPN791円
6ヶ月契約の場合の安いVPN10選
順位VPN名月額
1位快连VPN316円
2位pandaVPN338円
2位FastestVPN338円
4位蓝灯VPN362円
5位AtlasVPN418円
6位极光VPN429円
7位PureVPN440円
8位HideMyAssVPN469円
9位かべネコVPN480円
10位AvastVPN515円
12ヶ月契約の場合の安いVPN10選
VPN名1ヶ月3ヶ月6ヶ月12ヶ月24ヶ月36ヶ月
快连VPN316円316円316円316円316円316円
蓝灯VPN362円362円362円362円362円362円
AvastVPN515円515円515円515円408円408円
极光VPN542円542円542円429円357円393円
良之助VPN850円827円791円708円708円708円
かべネコVPN880円780円580円480円480円480円
RapidVPN977円839円678円673円673円673円
GlocalVPN990円990円990円990円990円990円
ふぐVPN1,000円1,000円850円650円650円650円
スイカVPN1,045円940円888円836円788円812円
HideMyAssVPN1,099円1,099円1,099円469円469円299円
セカイVPN1,100円1,100円1,100円1,100円1,100円1,100円
月餅VPN1,100円990円935円935円935円935円
operaVPN1,125円1,125円700円560円560円560円
SpiderVPN1,219円1,219円1,219円539円403円363円
VPN.ac1,224円1,088円1,088円652円510円581円
IvacyVPN1,353円1,353円1,353円542円542円542円
KeepSolidVPN1,358円1,358円1,358円680円680円377円
pandaVPN1,358円950円542円338円338円338円
StrongVPN1,360円1,360円1,360円792円792円792円
FastestVPN1,360円1,360円1,360円338円338円150円
AtlasVPN1,398円1,398円1,398円418円418円241円
PureVPN1,489円1,489円1,489円440円440円270円
IPVanish1,494円723円723円542円542円542円
ZenMateVPN1,494円1,494円1,494円610円610円205円
NordVPN1,625円1,625円1,625円782円447円374円
ミレンVPN1,628円1,628円1,628円1,078円1,078円968円
ExpressVPN1,761円1,761円1,358円907円907円907円
SurfsharkVPN1,761円1,761円1,761円542円542円338円
BufferedVPN1,766円1,766円1,358円1,122円1,122円1,122円
Cyber​​GhostVPN1,790円1,790円1,000円1,000円320円458円
VyperVPN2,040円2,040円2,040円1,132円1,132円1,132円
セキュアVPN3,290円3,290円3,290円3,290円3,290円3,290円
フレッツVPNワイド4,180円4,180円4,180円4,180円4,180円4,180円
ギガらくVPN14,000円14,000円14,000円14,000円14,000円14,000円
VPNプライオ21,300円21,300円21,300円21,300円21,300円21,300円
ソフトバンクsmartVPN118,000円118,000円118,000円118,000円118,000円118,000円
VPNネコ0円0円0円0円0円0円
筑波大学VPNgate0円0円0円0円0円0円
佛跳墙VPN0円0円0円0円0円0円
老王VPN0円0円0円0円0円0円
蚂蚁VPN0円0円0円0円0円0円
穿梭VPN0円0円0円0円0円0円
银河VPN0円0円0円0円0円0円
绿叶VPN0円0円0円0円0円0円
各VPNサービスの利用月数における月額料金の比較

料金の安さランキングの根拠

  • 料金の安さランキングは、各VPNサービスの公式サイトに掲載された1ヶ月・6ヶ月・12ヶ月の料金を集計し、ランキングづけを行なっております。
  • 「コスパ」とは、料金の安さとVPNの品質を掛け合わせた評価になります。本ランキング上での料金の安さに加えて、他のランキングでの順位を参考にしております。

通信速度ランキング

順位VPN名
1位NordVPN
2位ExpressVPN
3位Cyber​​GhostVPN
4位SurfsharkVPN
5位かべネコVPN
6位スイカVPN
7位ミレンVPN
8位AtlasVPN
9位PureVPN
10位SrongVPN
通信速度ランキング(個人向けVPNのみを比較)

通信速度ランキングの根拠

  • 通信速度ランキングは、筆者が実際にVPNを使用して実測した数値や、ユーザーアンケートを行い得られた情報をもとに作成しております。
  • 速度計測としては「Speed Test Master」、実機としては「Oppo Reno 5A」を利用しております。
  • 計測値や計測時期が統一されていないため、実測値だけでなく、複数人によってレビューされた総合的な評価・体感値も参考にしています。
  • 通信に関する各地域でのつながりやすさや体感値などは、弊社で実施したユーザーアンケートを参考にしております。
  • 通信速度はその環境に依存するため、必ずしも本ランキングが再現されるとは限りません。

動画視聴の対応数の比較

順位VPN名NetflixparaviAmazonPrimeVideoAbemaU-NextHuluDaznTVerFODDisney+DMMTVdTVwavveweTVBBC iPlayer
1位NordVPN
2位スイカVPN
3位SurfsharkVPN
4位ミレンVPN
5位 かべネコVPN
6位セカイVPN
7位ExpressVPN
動画視聴の対応数の比較

動画視聴の対応数ランキングの根拠

  • 動画視聴の対応数ランキングは、各VPNサービスの公式サイトで掲載されている動画配信サービスへの対応状況をもとに集計し、◯の数が多いものから順にランキングづけを行なっております。
  • 評価基準とする動画配信サービスは日本で主流となっているサービスを採用しています。

使いやすさランキング

順位VPN名
1位ExpressVPN
2位スイカVPN
3位SurfsharkVPN
4位NordVPN
5位VPNネコ
6位ミレンVPN
7位かべネコVPN
8位セカイVPN
9位良之助VPN
10位ふぐVPN
使いやすさランキング

使いやすさランキングの根拠

  • 使いやすさランキングは、筆者が実際にVPNを利用してみて感じた評価を反映しております。
  • 一部VPNはユーザーアンケートによって得られた意見や、アプリの画面構成・対応言語・導入時のシンプルさを基準に評価をつけております。

ゲームへの快適度ランキング

順位VPN名
1位ExpressVPN
2位NordVPN
3位SurfsharkVPN
4位VyprVPN
5位CyberGhostVPN
6位スイカVPN
7位セカイVPN
8位ミレンVPN
9位かべネコVPN
10位FastestVPN
ゲームへの快適度ランキング

ゲームへの快適度ランキングの根拠

  • ゲームへの快適度ランキングの根拠は、ゲーム起動時の通信状態・ゲームにおいて有利となるサーバー国が存在することを評価基準にしております。
  • また、ユーザーアンケートによって得られたレビュー・APEXなどVPNの利用がゲームプレイにおいて有利となるゲームに詳しい知人の意見を参考にしています。

利用実績・信頼できるVPNランキング

順位VPN名信頼スコア(10点満点)
1位セカイVPN10
2位ExpressVPN9
2位かべネコVPN9
2位NordVPN9
2位スイカVPN9
2位SurfsharkVPN9
7位良之助VPN8
7位Cyber​​GhostVPN8
7位筑波大学VPNgate8
7位ふぐVPN7
7位月餅VPN7
7位StrongVPN7
7位ミレンVPN7
8位AvastVPN6
8位GlocalVPN6
セキュリティの高い信頼できるVPNランキング

利用実績・信頼できるVPNランキング

  • 利用実績・信頼できるVPNランキングは、運営企業の運営歴が長いこと、日系企業であること、知名度が高いこと、上場していることを基準としております。
  • VPNの信頼性については、VPNに詳しくない日本人が不安を抱かずに利用できるかを最重視しており、その企業の業績評価をレビューまたは批評するものではありません。

同時接続数ランキング

順位VPN名同時接続可能数
1位SurfsharkVPN無制限
2位AtlasVPN無制限
3位筑波大学VPNgate無制限
4位ZenMateVPN無制限
5位极光VPN無制限
6位快连VPN無制限
7位SpiderVPN無制限
8位银河VPN無制限
9位绿叶VPN無制限
同時接続数ランキング(無制限の部)

制限があるもの

順位VPN名同時接続可能数
1位スイカVPN47
2位StrongVPN12
3位ミレンVPN10
3位AvastVPN10
3位IvacyVPN10
3位IPVanish10
3位FastestVPN10
3位PureVPN10
3位VyperVPN10
10位Cyber​​GhostVPN7
11位VPN.ac6
11位佛跳墙VPN6
13位ExpressVPN5
同時接続可能数ランキング(制限ありの部)

同時接続数ランキングの根拠

  • 同時接続数ランキングは、各VPNサービスの公式サイトに掲載されている同時接続可能数を集計し、ランキングづけを行なっております。
  • 同時接続可能数が無制限のVPNについては、形態や通信品質において大きな差分があることから、無制限と制限ありの2つに分類してランキングづけを行なっております。

サポートの親切さランキング

順位VPN名要因
1位かべネコVPN日本語対応あり。
担当者が親切。マニュアル外の対応もしてくれる。
規制への対応を日々情報発信している。
2位ExpressVPN日本語対応でないもののレスポンスが超早い。
返信は英語になるけど、こちらからは日本語で送っても対応してくれる。
わかりやすい英語を使ってくれる&気遣い表現多めで嬉しい。
トラブルに対しての補填対応も良い。
3位セカイVPN日本語対応あり。
マニュアル的だが的確なアドバイスをくれる。
4位NordVPN日本語対応でないものの親切さを感じる。
アドバイスが的確でわかりやすい。
5位ミレンVPN日本語対応あり。
競合よりもより良いサービスを届けるという向上心を感じる。
サポートの親切さランキング(日本人目線)

サポートの親切さランキングの根拠

  • サポートの親切さランキングは、VPN運営者へ実際にお問い合わせを送信した際の対応・対応言語数や、運営会社からの情報発信の内容から評価を行なっています。

海外で使えるおすすめの個人向けVPNを国別に紹介

続いて、海外でVPNを使う際のおすすめVPNを紹介します。

海外は日本とインターネットの環境が異なったり、治安が悪いケースもあるため、それぞれの国の状況に合わせたサービスを選びましょう。

日本にサーバーがあるおすすめのVPN

まずは全国対応の内容として、日本にサーバーのあるおすすめのVPNを紹介します。日本にサーバーがあるということは、海外から日本の通信を利用できるということです。

海外生活をしながら日本にいる時と同じインターネット環境を作るためにも、日本にサーバーのあるVPNは確認しておきましょう。

海外から日本のサイトに接続できるおすすめのVPNは以下の通りです。

中国でおすすめのVPN

中国で使えるおすすめVPNベスト3

順位VPN名おすすめ度中国対策繋がりやすさ通信速度使いやすさ月額公式サイト
1位かべネコVPN 480円〜https://kabeneko.net/
2位ExpressVPN 907円〜https://www.expressvpn.com/
3位セカイVPN 1,100円https://www.interlink.or.jp/service/sekaivpn/
中国で使えるおすすめVPNベスト3

中国で使えるおすすめのVPNを選ぶポイントは、以下の3つです。

  • 中国に特化した規制対策を行なっているか?
  • 中国から繋がりやすいか?
  • 十分な通信速度があるか?

中国では政治的イベントのある日・祝日は特にVPNが繋がりにくくなるので、中国の動きにしっかりと対応して日々アップデートしているVPNを選ぶのがおすすめです。

その点、上記で紹介した3社はユーザーの大半が中国滞在者という、中国に特化したVPNサービスです。中でもかべネコVPNは自ら中国の中国の規制状況をメール配信するなど、積極的に中国へ向き合っている姿勢が評価できます。

さらに忘れがちなポイントが、室内の弱いWiFiでもしっかりつながる強度を持っていることです。

中国は、場所によってはインターネットがかなり弱いです。もともとの通信が遅い状態でVPNを使うと、さらに通信が遅くなって何もできないという事態にもなります。

ゆうき
ゆうき

僕が試したVPNの中では、かべネコVPNの繋がりやすさ・スピードがダントツでした!

かべネコVPNは料金も安いので、本当におすすめです。

中国でVPNを使う予定がある方は、ぜひかべネコVPNを使ってみましょう。

おすすめのVPN一覧

続いて、おすすめのVPNを簡単に紹介していきます。

ExpressVPN

対応OSWindows・MacOS・iOS(iPhone、iPad)・Android
最大セッション数5台(1アカウントで最大5台まで同時接続可能)
料金1ヶ月:12.95ドル(1,761円)/月
6ヶ月:9.99ドル(1,358円)/月
12ヶ月:6.67ドル(907円)/月
ExpressVPNの特徴

無料体験中はお金は一切かかりません

NordVPN

対応OSWindows・MacOS・iOS(iPhone、iPad)・Android
最大セッション数3セッション(1アカウントで最大3台まで同時接続可能)
料金1ヶ月:11.95ドル(1,625円)/月
1年:5.75ドル(782円)/月
2年:3.29ドル(447円)/月
3年:2.75ドル(374円)/月
NordVPNの特徴

3ヶ月無料 + 料金65%OFF

無料体験中はお金は一切かかりません

かべネコVPN

対応OSWindows・MacOS・iOS(iPhone、iPad)・Android
最大セッション数4セッション(1アカウントで最大4台まで同時接続可能)
料金1ヶ月:880円/月
3ヶ月:2,340円(780円/月)
6ヶ月:3,480円(580円/月)
12ヶ月:5,760円(480円/月)
かべネコVPNの特徴

中国で使うならこれ

無料体験ではお金は一切かかりません。無料体験終了後、自動課金されません。

セカイVPN

対応OSWindows・MacOS・iOS(iPhone、iPad)・Android
最大セッション数3セッション(1アカウントで最大3台まで同時接続可能)
料金1,100円/月
セカイVPNの特徴

最大2ヶ月無料

無料体験中はお金は一切かかりません

スイカVPN

対応OSWindows・MacOS・iOS(iPhone、iPad)・Android
最大セッション数47セッション(1アカウントで最大47台まで同時接続可能)
料金1ヶ月: 1,045円
3ヶ月: 2,822円(940円/月)
6ヶ月: 5,333円(888円/月)
1年: 10,032円(836円/月)
2年: 18,920円(788円/月)
スイカVPNの特徴

無料体験中はお金は一切かかりません

ミレンVPN

対応OSWindows・MacOS・iOS(iPhone、iPad)・Android
最大セッション数10セッション(1アカウントで最大10台まで同時接続可能)
料金1ヶ月:1,628円/月
1年:1,078円/月
3年:968円/月
ミレンVPNの特徴

急成長中の日本産VPN

30日間返金保証があります

良之助VPN

対応OSWindows・MacOS・iOS(iPhone、iPad)・Android
最大セッション数短期/ライト:2セッション(1アカウントで最大2台まで同時接続可能)
一般:3セッション
VIP:4セッション
短期プラン料金3日:170円/月
1週間:340円/月
2週間:510円/月
3週間:680円/月
ライトコース料金1ヶ月:850円/月
3ヶ月:2,482円(827円/月)
6ヶ月:4,743円(791円/月)
1年:8,500円(708円/月)
一般コース料金1ヶ月:1,020円/月
3ヶ月:2,992円(997円/月)
6ヶ月:5,695円(949円/月)
1年:10,200円(850円/月)
VIPプラン1ヶ月:1,360円/月
3ヶ月:3,978円(1,326円/月)
6ヶ月:7,582円(1,264円/月)
1年:13,600円(1,133円/月)
良之助VPNの特徴

無料で1週間お試しできる

無料体験中はお金は一切かかりません

AtlasVPN

対応OSWindows・MacOS・iOS(iPhone、iPad)・Android
最大セッション数無制限
料金1か月:1,398円/月
1年:418円/月
3年:241円/月
AtlasVPNの特徴

夏限定85%OFF + 3ヶ月無料

無料体験中はお金は一切かかりません

SurfsharkVPN

対応OSWindows・MacOS・iOS(iPhone、iPad)・Android
最大セッション数無制限
料金1ヶ月:12.95ドル(1,761円)/月
12ヶ月:3.99ドル(542円)/月
24ヶ月:2.49ドル(338円)/月
SurfsharkVPNの特徴

81%OFFキャンペン中

30日間返金保証あります

Cyber​​GhostVPN

対応OSWindows・MacOS・iOS(iPhone、iPad)・Android
最大セッション数7セッション(1アカウントで最大7台まで同時接続可能)
料金1ヶ月:1,790円/月
6ヶ月:1,000円/月
2年+2ヶ月プラン:8,320円(320円/月)
Cyber​​GhostVPNの特徴

4ヶ月間無料体験

無料体験中はお金は一切かかりません

月餅VPN

対応OSWindows・MacOS・iOS(iPhone、iPad)・Android
最大セッション数3セッション(1アカウントで最大3台まで同時接続可能)
料金1ヶ月:1,100円/月
3ヶ月:990円/月
6ヶ月:935円/月
月餅VPNの特徴

ふぐVPN

対応OSWindows・MacOS・iOS(iPhone、iPad)・Android
最大セッション数3セッション(1アカウントで最大3台まで同時接続可能)
ライトプラン料金3ヶ月:1,000円/月
6ヶ月:850円/月
1年:650/月
スタンダードプラン料金3ヶ月:1,500円/月
6ヶ月:1,275円/月
1年:975円/月
プラチナプラン料金3ヶ月:2,500円/月
6ヶ月:2,125円/月
1年:1,625円/月
ふぐVPNの特徴

VPNネコ

対応OSWindows・MacOS・iOS(iPhone、iPad)・Android
最大セッション数1セッション(1アカウントで最大1台まで同時接続可能)
料金無料
VPNネコの特徴

ノートンセキュアVPN

対応OSWindows・MacOS・iOS(iPhone、iPad)・Android
最大セッション数3セッション(1アカウントで最大3台まで同時接続可能)
料金1台版:3,290円/年
3台版:3,890円/年
デラックス版:7,680円/年
ノートンセキュアVPNの特徴

Avast(アバスト)セキュアラインVPN

対応OSWindows・MacOS・iOS(iPhone、iPad)・Android
最大セッション数10セッション(1アカウントで最大10台まで同時接続可能)
料金1年:515円/月
2年:408円/月
3年:408円/月
Avast(アバスト)セキュアラインVPNの特徴

StrongVPN

対応OSWindows・MacOS・iOS(iPhone、iPad)・Android
最大セッション数12セッション(1アカウントで最大12台まで同時接続可能)
料金1ヶ月:10.00ドル(1,360円)/月
1年:69.99ドル(9,518円)(5.83ドル(792円)/月)
StrongVPNの特徴

GlocalVPN

対応OSWindows・MacOS・iOS(iPhone、iPad)・Android
最大セッション数1セッション(1アカウントで最大1台まで同時接続可能)
料金990円/月
GlocalVPNの特徴

IPVanish

対応OSWindows・MacOS・iOS(iPhone、iPad)・Android
最大セッション数10セッション(1アカウントで最大10台まで同時接続可能)
料金1ヶ月:10.99ドル(1,494円)/月
3ヶ月:5.32ドル(723円)/月
1年:3.99ドル(542円)/月
IPVanishVPNの特徴

PureVPN

対応OSWindows・MacOS・iOS(iPhone、iPad)・Android
最大セッション数10セッション(1アカウントで最大10台まで同時接続可能)
料金1ヶ月:10.95ドル(1,489円)/月
1年:3.24ドル(440円)/月
2年:1.99/月(270円)/月
PureVPNの特徴

FastestVPN

対応OSWindows・MacOS・iOS(iPhone、iPad)・Android
最大セッション数10セッション(1アカウントで最大10台まで同時接続可能)
料金1ヶ月:10ドル(1,360円)/月
1年:2.49ドル(338円)/月
3年:1.11ドル(150円)/月
FastestVPNの特徴

IvacyVPN

対応OSWindows・MacOS・iOS(iPhone、iPad)・Android
最大セッション数10セッション(1アカウントで最大10台まで同時接続可能)
料金1ヶ月:9.95ドル(1,353円)/月
1年:3.99ドル(542円)/月
5年:1.19ドル(161円)/月
IvacyVPNの特徴

HideMyAssVPN

対応OSWindows・MacOS・iOS(iPhone、iPad)・Android
最大セッション数5セッション(1アカウントで最大5台まで同時接続可能)
料金1ヶ月:1,099円/月
12ヶ月:469円/月
36ヶ月:299円/月
HideMyAssVPNの特徴

VyprVPN

対応OSWindows・MacOS・iOS(iPhone、iPad)・Android
最大セッション数10セッション(1アカウントで最大10台まで同時接続可能)
料金1ヶ月:15ドル(2,040円)/月
12ヶ月:8.33ドル(1,132円)/月
VyprVPNの特徴

VPN.ac

対応OSWindows・MacOS・iOS(iPhone、iPad)・Android
最大セッション数6セッション(1アカウントで最大6台まで同時接続可能)
料金1ヶ月:9ドル(1,224円)/月
3ヶ月:8ドル(1,088円)/月
1年:58ドル(7,888円)(4.8ドル(652円)/月)
2年:90ドル(12,240円)(3.75ドル(510円)/月)
VPN.acの特徴

RapidVPN

対応OSWindows・MacOS・iOS(iPhone、iPad)・Android
最大セッション数4セッション(1アカウントで最大4台まで同時接続可能)
料金1ヶ月:7.19ドル(977円)/月
2ヶ月:13.89ドル(1,889円) (6.95ドル(944円)/月)
3ヶ月:18.5ドル(2,516円)(6.17ドル(839円)/月)
6ヶ月:29.89ドル(4,065円)(4.98ドル(678円)/月)
1年:59.5ドル(8,092円)(4.96ドル(673円)/月)
RapidVPNの特徴

ZenMateVPN

対応OSWindows・MacOS・iOS(iPhone、iPad)・Android
最大セッション数無制限
料金1ヶ月:10.99ドル(1,494円)/月
1年:4.49ドル(610円)/月
3年:1.51ドル(205円)/月
ZenMateVPNの特徴

SpiderVPN

対応OSWindows・MacOS・iOS(iPhone、iPad)・Android
最大セッション数無制限
spiderプラン料金1ヶ月:8.97ドル(1,219円)/月
1年:3.97ドル(539円)/月
2年:2.97ドル(403円)/月
3年:2.67ドル(363円)/月
liteルーター付きプラン6ヶ月:15.37ドル(2,090円)/月
1年:8.42ドル(1,145円)/月
2年:5.07ドル(689円)/月
3年:3.98ドル(541円)/月
proルーター付きプラン6ヶ月:21.71ドル(2,952円)/月
1年:11.46ドル(1,558円)/月
2年:6.49ドル(882円)/月
3年:4.84ドル(658円)/月
SpiderVPNの特徴

KeepSolidVPN

対応OSWindows・MacOS・iOS(iPhone、iPad)・Android
最大セッション数5セッション(1アカウントで最大5台まで同時接続可能)
料金1ヶ月:9.99ドル(1,358円)/月
1年:5ドル/月(680円)/月
3年:99.99ドル(13,598円)(2.78ドル(377円)/月)
買い切り:199.99ドル(27,198円)
KeepSolidVPNの特徴

BufferedVPN

対応OSWindows・MacOS・iOS(iPhone、iPad)・Android
最大セッション数5セッション(1アカウントで最大5台まで同時接続可能)
料金1ヶ月:12.99ドル(1,766円)/月
6ヶ月:9.99ドル(1,358円)/月
1年:8.25ドル(1,122円)/月
BufferedVPNの特徴

筑波大学VPNgate

対応OSWindows・MacOS・iOS(iPhone、iPad)・Android
最大セッション数無制限
料金無料
筑波大学VPNgateの特徴

ギガらくVPN

対応OSWindows・MacOS・iOS(iPhone、iPad)・Android
最大セッション数無制限
料金ハイエンドプラン:4,950円/台
ハイエンドLTEプラン:7,700円/台
エンタープライズプラン:13,200円/台
ハイエンドプラン Type-D:3,300円/台
エンタープライズプラン Type-D:4,620円/台
最低利用期間24ヵ月(解約金あり:一律11,000円)
ギガらくVPNの特徴

フレッツVPNワイド

対応OSWindows・MacOS・iOS(iPhone、iPad)・Android
最大セッション数無制限
料金プラン10(10拠点まで):1,980円
プラン30(30拠点まで):3,300円
プラン100(100拠点まで):11,000円
プラン300(300拠点まで):33,000円
プラン1000(1,000拠点まで):110,000円
プラン10 プラス(10拠点まで):11,880円
プラン30 プラス(30拠点まで):19,800円
プラン100 プラス(100拠点まで):66,000円
プラン300 プラス(300拠点まで):198,000円
プラン1000 プラス(1000拠点まで):660,000円
※全て初期費用:2,200円が必要
フレッツVPNワイドの特徴

VPNプライオ

対応OSWindows・MacOS・iOS(iPhone、iPad)・Android
最大セッション数無制限
料金(1VPN拠点あたり)
工事費用:14,300円
月額:7,700円
VPNプライオの特徴

ソフトバンクsmartVPN

対応OSWindows・MacOS・iOS(iPhone、iPad)・Android
最大セッション数セッション(1アカウントで最大台まで同時接続可能)
料金ギャランティタイプ:48,000円〜
スピードタイプ:210,000円〜
バリュータイプ:87,000円〜
ベストエフォートタイプ:39,800円〜
ギャランティボイスタイプ:58,000円〜
スピードボイスタイプ:252,000円〜
バリューボイスタイプ:105,000円〜
※全て初期費用:70,000円
ソフトバンクsmartVPNの特徴

operaVPN

対応OSWindows・MacOS・iOS(iPhone、iPad)・Android
最大セッション数5セッション(1アカウントで最大5台まで同時接続可能)
料金1ヶ月:1,125/月
6ヶ月:4,200円(700円/月)
1年:6,720円(560円/月)
operaVPNの特徴

佛跳墙VPN

対応OSWindows・MacOS・iOS(iPhone、iPad)・Android
最大セッション数6セッション(1アカウントで最大6台まで同時接続可能)
料金無料
佛跳墙VPNの特徴

老王VPN

対応OSWindows・MacOS・iOS(iPhone、iPad)・Android
最大セッション数3セッション(1アカウントで最大3台まで同時接続可能)
料金無料
老王VPNの特徴

蚂蚁VPN

対応OSWindows・MacOS・iOS(iPhone、iPad)・Android
最大セッション数5セッション(1アカウントで最大5台まで同時接続可能)
料金無料
蚂蚁VPNの特徴

pandaVPN

対応OSWindows・MacOS・iOS(iPhone、iPad)・Android
最大セッション数3セッション(1アカウントで最大3台まで同時接続可能)
料金1ヶ月:9.99ドル(1,358円)/月
3ヶ月:6.99ドル(950円)/月/月
6ヶ月:3.99ドル(542円)/月
1年:2.49ドル(338円)/月
pandaVPNの特徴

穿梭VPN(Transocks)

対応OSWindows・MacOS・iOS(iPhone、iPad)・Android
最大セッション数3セッション(1アカウントで最大3台まで同時接続可能)
料金無料
穿梭VPNの特徴

快连VPN(Lets VPN)

対応OSWindows・MacOS・iOS(iPhone、iPad)・Android
最大セッション数無制限
料金1ヶ月:2.33ドル(316円)/月
快连VPN(Lets VPN)の特徴

银河VPN(Galaxy VPN)

対応OSWindows・MacOS・iOS(iPhone、iPad)・Android
最大セッション数無制限
料金無料
银河VPN(Galaxy VPN)の特徴

极光VPN(Aurora VPN)

対応OSWindows・MacOS・iOS(iPhone、iPad)・Android
最大セッション数無制限
料金1ヶ月:3.99ドル(542円)/月
1年:3.16ドル(429円)/月
2年:2.63ドル(357円)/月
极光VPN(Aurora VPN)の特徴

蓝灯VPN(Lantern VPN)

対応OSWindows・MacOS・iOS(iPhone、iPad)・Android
最大セッション数3セッション(1アカウントで最大3台まで同時接続可能)
料金1ヶ月:2.66ドル(361円)/月
蓝灯VPN(Lantern VPN)の特徴

绿叶VPN

対応OSWindows・MacOS・iOS(iPhone、iPad)・Android
最大セッション数無制限
料金無料
绿叶VPNの特徴

ランキングの根拠・検証方法について

当記事の評価は独自の調査およびユーザーアンケート、筆者とその友人の体験談に基づいて行われております。

ユーザーアンケート

調査方法インターネット
アンケート実施者株式会社街中文学

詳しい調査内容は「VPN利用に関する独自調査」をご覧ください。

データ取集後の評価基準

また、上記の調査によって得られたデータをもとに各VPNを五段階(5/4/3/2/1)で評価し、その総合点数を総合評価としております。

なお継続的にアンケートを行なっている関係上、常にランキングは変動しますのでご了承ください。

本サイトのランキング評価に利用している評価集計シートの画像
本サイトのランキング評価に利用している評価集計シートの画像

参照サイト

当サイトが参考にしている情報源です。

2024年7月のVPN利用状況レポート

2024年7月の最新のVPN利用状況レポートをお伝えします。このレポートは、株式会社街中文学が実施する独自のVPNユーザー調査に基づいて作成されています。

2024年7月のVPN利用者数ランキング

2024年7月のVPN利用者数ランキングは以下のとおりです。

順位VPN名総合点利用数平均点
1ExpressVPN217514.25
2NordVPN232435.40
3筑波大学VPNgate168295.79
4セカイVPN101234.39
5VPNネコ88194.63
6ノートン・セキュアVPN66144.71
7AvastVPN2192.33
8スイカVPN2373.29
9SurfsharkVPN3875.43
10月餅VPN3775.29
11Cyber​​GhostVPN1863.00
12ミレンVPN1653.20
13かべネコVPN1644.00
14ふぐVPN2337.67
15AtlasVPN1434.67
16RapidVPN2337.67
17良之助VPN1535.00
18IPVanish723.50
19FastestVPN1226.00
20VyperVPN1527.50
21ZenmateVPN723.50
22CiscoAnyConnect020.00
23ProtonVPN020.00
24StrongVPN515.00
25GlocalVPN818.00
26PureVPN010.00
27IvacyVPN818.00
28HideMyAssVPN616.00
29SpyOffVPN717.00
30VPN.ac717.00
31KeepSolidVPN10110.00
32bufferedVPN616.00
33operaVPN616.00
34老王VPN717.00
35穿梭VPN717.00
36ギガらくvpn616.00
37快连vpn515.00
38极光vpn515.00
39蓝灯vpn717.00
40银河vpn919.00
41JapanVPN010.00
42Zebedee010.00
43Windscribe010.00
44パンダVPN010.00
45HotspotShield010.00
46カスペルスキーVPN010.00
47AnalyzeMeJapanVPN010.00
48FortiClientVPN010.00
49SpiderVPN00
50TorrentSafe00
51NTT00
52フレッツVPNワイド00
53VPNプライオ00
54ipv6VPN00
55v6プラスVPN00
56ソフトバンクsmartVPN00
57auVPN00
58楽天モバイルVPN00
59佛跳墻VPN00
60mayiVPN00
61pandaVPN00
62letsVPN00
63AndroVPN00
64極光VPN00
65lanternVPN00
66緑叶VPN00

2024年7月のVPN平均点数ランキング

2024年7月のVPN平均点数ランキングは以下のとおりです。

順位VPNランキング点数利用数平均点
1NordVPN232435.40
2ExpressVPN217514.25
3筑波大学VPNgate168295.79
4セカイVPN101234.39
5VPNネコ88194.63
6ノートン・セキュアVPN66144.71
7SurfsharkVPN3875.43
8月餅VPN3775.29
9スイカVPN2373.29
10ふぐVPN2337.67
11RapidVPN2337.67
12AvastVPN2192.33
13Cyber​​GhostVPN1863.00
14かべネコVPN1644.00
15ミレンVPN1653.20
16VyperVPN1527.50
17良之助VPN1535.00
18AtlasVPN1434.67
19FastestVPN1226.00
20KeepSolidVPN10110.00
21银河vpn919.00
22GlocalVPN818.00
23IvacyVPN818.00
24IPVanish723.50
25SpyOffVPN717.00
26VPN.ac717.00
27ZenmateVPN723.50
28老王VPN717.00
29穿梭VPN717.00
30蓝灯vpn717.00
31HideMyAssVPN616.00
32bufferedVPN616.00
33operaVPN616.00
34ギガらくvpn616.00
35StrongVPN515.00
36快连vpn515.00
37极光vpn515.00
38PureVPN010.00
39SpiderVPN00
40TorrentSafe00
41NTT00
42フレッツVPNワイド00
43VPNプライオ00
44ipv6VPN00
45v6プラスVPN00
46ソフトバンクsmartVPN00
47auVPN00
48楽天モバイルVPN00
49佛跳墻VPN00
50mayiVPN00
51pandaVPN00
52letsVPN00
53AndroVPN00
54極光VPN00
55lanternVPN00
56緑叶VPN00
57CiscoAnyConnect020.00
58ProtonVPN020.00
59JapanVPN010.00
60Zebedee010.00
61Windscribe010.00
62パンダVPN010.00
63HotspotShield010.00
64カスペルスキーVPN010.00
65AnalyzeMeJapanVPN010.00
66FortiClientVPN010.00