毎月更新!VPN45社を本気で比較してみた!今使うべき最強のVPNは…を読む

中国でX(Twitter)を使う方法は?ツイッターに代わる中国のSNSも紹介

この記事には広告を含む場合があります。記事内で紹介する商品を購入することで、当サイトに売り上げの一部が還元されることがあります。

  • X(Twitter)は中国で使える?
  • X(Twitter)を中国で使う方法は?
  • X(Twitter)の代わりになる中国のSNSは?

この様な疑問にお答えします。

X(Twitter)は、日本で非常に人気のあるSNSですよね。

海外に行った時も、情報収集のためにX(Twitter)を使う人は多いと思います。

ただし、中国では使うことのできないSNSやWebサービスが多くあります。

中国でX(Twitter)を使うことはできるのでしょうか?

この記事では、X(Twitter)を中国で使う方法、中国でインターネット規制がされている理由、X(Twitter)の代わりになる中国のSNSなどについて解説します。

かべネコVPN

公式:https://kabeneko.net/

価格・通信の品質のバランスに優れた日本企業が提供するVPN。日本語サービスはもちろん、中国の規制にも強く、いま愛用したいランキングではNo.1のVPN。

480円/月〜

最大21日間無料・体験終了後の自動課金なし

>> レビューを読む

セカイVPN

公式:https://www.interlink.or.jp/

老舗の日系VPN。安心感はNo.1。速度は遅いがユーザー数が多く、機械に自信がない人にはおすすめ。

1,100円/月

2ヶ月無料体験あり

>> レビューを読む

Express VPN

中国からの通信に強い人気No.1VPN通信速度に定評あり。日本人ユーザーも多く、サポートも充実している。
公式:https://www.expressvpn.com/

料金:900円/月~

3ヶ月無料体験あり

>> レビューを読む

中国で使えるおすすめVPN3選!規制強化も突破する最強のアプリは? 中国で使えるおすすめVPN3選!規制強化も突破する最強のアプリは?

中国でX(Twitter)は使える?

中国でX(Twitter)は使えるのでしょうか?

中国では、LINEや FacebookやGoogleなどのサービスが使えないと聞いたことがある人もいるかもしれません。

中国では、使うことのできない海外のWebサービスやSNSがあるのです。

中国では基本的にTwitterが使えない

中国では基本的にX(Twitter)は使えません。

中国では2003年頃からインターネットが厳しく規制されており、X(Twitter)も使えないのです。

中国でX(Twitter)を開いても、ページが更新されることはありません。

貴重な情報源として利用している人が多いX(Twitter)が使えなくなるのは、非常に不便ですよね。

中華圏では使える場所もある

中国本土ではX(Twitter)を使うことができませんが、中華圏でX(Twitter)が使える国や地域もあります。

香港・マカオ・台湾では、X(Twitter)が使えるのです。

香港とマカオは「特別行政区」に指定されており、インターネット規制の対象外になっています。

台湾では中国本土と違って、そもそも厳しいインターネット規制がされていません。

香港・マカオ・台湾に旅行や出張で行く場合は、X(Twitter)は問題なく使えるので安心してください。

中国でX(Twitter)が使えない理由

中国でX(Twitter)が使えない理由は、大きく分けて2つあります。

中国でX(Twitter)が使えない2つの理由を見ていきましょう。

情報統制のため

中国でX(Twitter)が使えない一つ目の理由は、情報規制のためです。

中国国内のWebサイトやSNSであれば、政府に都合の悪い内容が書かれた場合、政府は自由に削除をすることができます。

海外のWebサイトやSNSの場合、政府の都合の悪いことが書かれても削除することができないため、WebサイトやSNS自体を見ることができないように規制をしているのです。

中国国内IT企業の成長を促すため

中国でX(Twitter)が使えないもう一つの理由として、中国企業の保護があげられます。

もしインターネット規制をしていなかったら、中国でもGAFA(Google、Apple、Facebook、Amazon)をはじめとした大手IT企業のサービスが広がり、中国企業のサービスは広がらなかった可能性が高いでしょう。

インターネット規制をしていたからこそ、BATH(百度、アリババ、テンセント、ファーウェイ)のサービスが広がり、巨大な企業に成長したのです。

インターネット規制は、中国企業の保護をして成長させるための戦略でもあるのです。

中国本土でTwitterを利用する方法

それでは、中国本土でX(Twitter)を使うことはできないのでしょうか?

結論としては、中国本土でもX(Twitter)を使う方法はあります。

中国でもX(Twitter)を使うことのできる、4つの方法を紹介しますね。

VPNを利用する

中国でX(Twitter)を使う場合、最もポピュラーな方法は、VPNを使うことです。

有料のVPNと無料のVPNがありますが、無料VPNは情報漏洩のリスクが高いため、使う場合は有料VPNがよいでしょう。

VPNとは「Virtual Private Network」の略で、日本語では「仮想のプライベートネットワーク」や「仮想専用回線」と呼ばれています。

VPNを使うと、中国にいても日本やその他海外からのアクセスと判断されるため、X(Twitter)を使うことができますよ。

中国で使うならこれ

無料体験ではお金は一切かかりません。無料体験終了後、自動課金されません。

香港SIMを利用する

香港のSIMカードを利用しても、X(Twitter)を使うことができます。

香港ではインターネット規制がされていないため、香港のSIMカードを使えば、中国にいても香港にいる場合と同じ状態でインターネットが使えるのです。

中国のSIMカードと比べると価格が高いため、中国に住む場合、通常は中国のSIMカードを使うことになるでしょう。

中国に出張で行く場合は、期間が決まっている香港のSIMカードを使うのも一つの方法になります。

\楽天ポイント5倍セール!/
楽天市場
\ポイント5%還元!/
Yahooショッピング

海外ローミングを利用する

日本のSIMカードで、海外ローミングを使うという方法もあります。

日本のSIMカードを使用するため、日本にいる時と同じ状態でインターネットが使えます。

ただし、海外ローミングは高額となってしまう可能性があります。

海外ローミングの定額サービスに加入をしていれば安心ですが、定額サービスに加入していない場合は、費用が高額にならない様に緊急時のみ使用をした方がよいでしょう。

緊急時だけでも使えると安心ですので、中国に行く前に海外ローミングの方法を調べておくとよいですよ。

VPNつきモバイルWiFiを利用する

VPN付きポケットWi-Fiをレンタルして使うのも、一つの方法です。

VPNが付いているWi-Fiにつなげれば、中国でもX(Twitter)を使うことができますよ。

レンタルのポケットWi-Fiには、VPNが付いている物と付いていない物があります。

中国に行く場合は、必ずVPN付きのポケットWi-Fiをレンタルしてください。

中国に住む場合や長期出張の場合は検討できない方法ですが、短期の旅行や出張の場合は、よい選択になるでしょう。

中国情報を発信するX(Twitter)アカウント

基本的にX(Twitter)は中国では使えないため、中国に関するアカウントは少ないのですが、中国の情報を発信しているアカウントはいくつかあります。

今回は、日本語で中国情報を発信していふ2つのアカウントを紹介します。

中華人民共和国駐日本国大使館 (@ChnEmbassy_jp)

「中華人民共和国駐日本国大使館」の公式アカウントです。

国民交流・中国経済・文化・社会などの情報を発信しています。

ポスト(ツイート)するだけではなく、様々な情報をリポスト(リツイート)もしているので、フォローをしておけば中国に関するいろいろな情報を得ることができますよ。

中華人民共和国駐日本国大使館 (@ChnEmbassy_jp)

人民網日本 (@peopledailyJP)

中国で最も早く開設された日本語ニュースサイトである「人民網」の日本語版の公式アカウントです。

日本語で中国のニュースを発信しています。

日本語で中国のニュースを見たい方にはおすすめのアカウントです。

人民網日本 (@peopledailyJP)

中国でX(Twitter)の代わりに使えるSNS

中国では基本的にX(Twitter)が使えない代わりに、中国では中国製のSNSが利用されています。

中国で使える、人気のSNSを3つ紹介します。中国のSNSは主に中国本土で利用されていますが、日本などの海外に住む中国人にも多く利用されていますよ。

中国人と交流したい場合や、中国のリアルタイムの情報を得たい場合は、中国のSNSの使用も検討してみましょう。

Weibo

Weibo(微博)を直訳すると、ミニブログという意味です。

その名の通り、短い文章を投稿するためのサービスであり、中国版Twitterと言われることもあります。

Weibo(微博)とは一般的なサービス名であり、いくつかのサービスがありますが、一般的にWeibo(微博)と言えば、新浪という会社が運営している「新浪微博」を指します。

「新浪微博」は全世界で8億人以上のユーザーを持つ、中華圏最大規模のSNSであると言えるでしょう。

【日本語イラスト解説】微博(ウェイボー)のアカウント登録方法をわかりやすく紹介

小红书

小红书(RED)は、特に若い女性に人気のあるSNSです。

中国版Instagramと言われることもありますが、小红书(RED)はEC機能も備えているため、Instagramと Amazonが合わさった様なSNSと言われることもあります。

約3億人ほどのユーザーの中でも8割は若い女性であり、若い女性がインターネットで情報や口コミを調べる場合、まずは小红书(RED)を開くことが多い様です。

微信の朋友圈

微信(WeChat)とは、中国版LINEとも言われるチャット機能を持つSNSです。

ユーザー数は12億人とも13億人とも言われており、中華圏最大のSNSと言っても過言ではないでしょう。

微信(WeChat)の中には、朋友圈(モーメンツ)という、投稿することができる機能が備わっています。

LINEのタイムラインに似た機能ですが、微信(WeChat)の朋友圈(モーメンツ)は利用者が非常に多く、Facebookに近いイメージだと言えます。

普段使うチャットアプリの中にある機能なので、気軽に投稿している人が多いですよ。

まとめ

この記事では、中国でのX(Twitter)の使用について、下記内容を解説しました。

  • 中国でX(Twitter)は使える?
  • 中国でX(Twitter)が使えない理由
  • 中国情報を発信するX(Twitter)アカウント
  • 中国でX(Twitter)の代わりに使えるSNS

基本的には、中国でX(Twitter)を使うことはできません。

中国では厳しくインターネットが規制されており、X(Twitter)も規制の対象となっているからです。

ただし、VPNを使ったり、香港SIMを使ったり、海外ローミングしたり、VPN付きポケットWi-Fiを利用することで、中国でもX(Twitter)を使うことはできます。

中国に行く場合、事前に準備をする必要はありますが、X(Twitter)を使うことができるのです。

中国ではX(Twitter)やその他海外のSNSが使えない代わりに、中国独自のSNSが発達しています。

中国人と交流をしたい場合や、中国のリアルタイムの情報を得たい場合は、今回紹介をした中国のSNSの使用を検討してみてください。

中国で使うならこれ

無料体験ではお金は一切かかりません。無料体験終了後、自動課金されません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA